日韓中は企業レベルでいかに連携できるか

ネット書店で注文

タイトル
北東アジアの産業連携
サブタイトル
中国北方と日韓の企業
著者・編者・訳者
関満博著
発行年月日
2003年 1月 25日
定価
8,640円
ISBN
ISBN4-7948-0586-1 
判型
A5判
頁数
625ページ

著者・編者・訳者紹介

関満博(せき・みつひろ)
1948年 富山県生れ。1971年 成城大学経済学部卒業。1976年 成城大学大学院経済学研究科博士課程修了。現在 一橋大学大学院商学研究科教授、経済学博士。 主著に『挑戦する中国内陸の産業』 『日本企業/中国進出の新時代』など。

内 容

 激動し、変貌する中国北方の現場から、日韓中の企業・産業レベルでの新たな協力可能性を模索する最新現場報告。
 ’78年末、中国が経済改革・対外開放への歴史的転換に踏み出してから4半世紀。本書は、常に現場の人々と深く交わり、独自のフィールドワークを続けてきた著者が、特に90年代を通じて劇的に変貌した中国北方(山東半島、天津、瀋陽、大連、丹東)の企業の現場を丁寧に歩き、日本・韓国・中国の国家を超えた企業・産業レベルでの新たな協力可能性を模索する。大反響『世界の工場/中国華南と日本企業』に続く、最新現場報告第2弾!

好評既刊書