「ブラック部活」はなぜ生まれるのか? 「若者とスポーツと日本社会」の関連性を深く読み解く社会学の野心的試み。

ネット書店で注文

「ブラック部活」はなぜ生まれるのか? 「若者とスポーツと日本社会」の関連性を深く読み解く社会学の野心的試み。

関連ワード
運動部活動の社会学 「規律」と「自主性」をめぐる言説と実践
タイトル
サブタイトル
「規律」と「自主性」をめぐる言説と実践
著者・編者・訳者
下竹亮志著
発行年月日
2022年 2月
定価
3,080円
ISBN
ISBN978-4-7948-1202-5 
判型
四六判並製
頁数
予356ページ

著者・編者・訳者紹介

著者 下竹亮志(しもたけ・りょうじ)
1988年徳島県生まれ。筑波大学体育系助教。専門はスポーツ社会学。共著書に『一九六四年東京オリンピックは何を生んだのか』(青弓社、2018)、『日本代表論──スポーツのグローバル化とナショナルな身体』(せりか書房、2020)がある。

好評既刊書

, , , , , , ,