恋愛、結婚、キャリア⋯人間関係に悩むドイツの「ロスジェネ」たちの本音をユーモア豊かに、時に辛口に綴る大人気コラム、日本上陸!

978-4-7948-1125-7

ネット書店で注文

恋愛、結婚、キャリア⋯人間関係に悩むドイツの「ロスジェネ」たちの本音をユーモア豊かに、時に辛口に綴る大人気コラム、日本上陸!

関連ワード
大事なことがはっきりするささやかな瞬間 関係づくりが苦手な世代
タイトル
サブタイトル
関係づくりが苦手な世代
著者・編者・訳者
ミハエル・ナスト著 小山千早訳
発行年月日
2019年 5月 16日
定価
1,944円
ISBN
ISBN978-4-7948-1125-7 C0036
判型
四六判並製
頁数
232ページ

著者・編者・訳者紹介

著者-Michael NAST(ミハエル・ナスト)
1975年東ベルリン生まれ。はじめ書店に勤めるが、本を読むのが苦になり半年で辞め、広告代理店などに勤めたのち2007年からブログを書きはじめる。SNS「MySpace」で公開した「大都市コラム」がヒット。

内容

私がスイスに移り住んだのは30年前、その当時からヨーロッパでは結婚年齢が上昇傾向にあった。当時の日本では、25歳を過ぎた未婚女性は「26日のクリスマスケーキ」などと言われ、少々肩身の狭い思いをしたものだ。だが、今や日本も男女ともに結婚年齢は上がる一方だし、すでに30年前のスイスではごく普通のこととなっていた事実婚や、生涯結婚しない人の数も増えていると聞く。つまり、日本のライフスタイルがヨーロッパに近づいてきたということだろう。
本書の著者ナストは1975年生まれのドイツ人男性。日本ではバブル崩壊後の就職氷河期に社会に出た「ロスジェネ」と呼ばれる世代と同年代にあたる。彼は年の近い知人や友人から聞いた話を糸口に、ドイツ社会や自分たちの世代が抱える問題(人間関係・恋愛・結婚・キャリアをめぐる悩みやとまどい)を綴っていくのだが、その語り口はざっくばらんでユーモアたっぷりだ。しかし、うわべにとらわれた人生観やトレンドに身を任せたライフスタイルを観察する目は鋭い。本書の観察や分析は、おそらく誰もがふと考えたことがあって、しかも口にするのがはばかられるようなものが多い。そのせいだろう、はじめウェブマガジンで公開された時は、サーバーがパンクするほどの閲覧数を記録したという。大勢が言葉にできずにいた思いを、著者が代弁したというわけだ。
文化や歴史の違いはあるものの、同じ工業国として日本とドイツの置かれた状態には類似点が多く見られる。少子高齢化とそれにともなう結婚形態の問題もかなり共通している。本書を読んで思わずうなずき、共感を覚える方は多いはずだ。ベルリンの雰囲気をお伝えするため、原書にはない風景写真を多く掲載したので、目も楽しませつつ、ドイツを一種の鏡として日本社会の問題を考えていただけたらうれしい。
(こやま・ちはや 翻訳家)

好評既刊書

, ,