名将の知恵に企業が学ぶ!

ネット書店で注文

タイトル
戦国武将に学ぶ経営戦略
サブタイトル
名将の知恵が今よみがえる!
著者・編者・訳者
高木健次著
発行年月日
2001年 12月 25日
定価
2,376円
ISBN
ISBN4-7948-0534-9 
判型
四六判
頁数
228ページ

著者・編者・訳者紹介

高木健次(たかぎ・けんじ)
1931年生まれ。大阪市立大学経済学部卒業後、呉羽紡績(合併後東洋紡績)を経て中小企業診断士となり、1978年経営相談を開始。戦国史研究も行う。社団法人中小企業診断協会京都支部相談役、雇用・能力開発機構京都センター雇用管理アドバイザー。梅花短期大学、聖泉短期大学、龍谷大学経営学部非常勤講師を経て、現在、華頂短期大学非常勤講師。専門は経営実態および経営学のうち、経営哲学・経営戦略・経営史・人事労務管理など。著書に『現代の情報管理』(共著、建帛社、2000年)がある。

内 容

 元就、信玄、謙信、信長、秀吉、家康。
六名将の戦略を企業経営の観点から鮮やかに照射。
各武将の合戦戦略や人事のプラス・マイナス両面を検討し、合戦・外交・内政・リーダーシップ・後継者育成の5項目で作成したレーダーチャートなど、ユニークな分析方法でその知的戦略を経営に生かすテクニックを紹介。
 本書は戦国武将の行動から現代の経営者にとって大いに参考になるであろう点を経営の専門家である著者が鋭く分析している。取り上げる武将は、毛利元就・武田信玄・上杉謙信・織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の6人である。各武将の合戦戦略や人事のプラス・マイナス両面を検討し、合戦・外交・内政・リーダーシップ・後継者育成の5項目で作成したレーダーチャートなど、ユニークな分析方法でその知的戦略を経営に生かすテクニックを紹介している。

好評既刊書