社会の全営みに関わる観念的かつ実践的な知のパラダイム!

ネット書店で注文

タイトル
知の異端と正統
著者・編者・訳者
原田保編
発行年月日
2001年 1月 25日
定価
3,024円
ISBN
ISBN4-7948-0508-X 
判型
A5判上製
頁数
224ページ

著者・編者・訳者紹介

著者-原田 保(はらだ・たもつ)/1947年、神奈川県生まれ。1971年、早稲田大学政治経済学部卒業。1990年、株式会社西武百貨店取締役。1997年、香川大学経済学部および大学院経済学研究科教授(現任)、経営戦略プロデューサー、Ph.D(Business Administration)。専門:経営戦略論、経営観理論、経営組織論、経営情報論、マーケティング論。主要著書:『デジタル流通戦略』同友館、『小売進化論』大学教育出版、『コーディネートパワー』白桃書房、『ウィナーズウェイ』同友館、『戦略的パーソナル・マーケティング』白桃書房、『パワーイノベーション』(共著)新評論、『21世紀の経営戦略』(共著)新評論。

内 容

 本書は、21世紀を知識社会と捉えることで従来のナレッジマネジメント論の枠を超えた知識論の展開を試みている。
すなわち、よりグローバルなマクロコスモスとしての知のネットワークから、よりパーソナルなミクロコスモスとしての知のネットワークまで、まさに社会の全営みに関わる知のパラダイムについての言及が行われる。
 なお、本書の構成は、序「知の異端と正統序論」、第一章「知のコミューン」、第二章「知のトリックスター」、第三章「知のアントレプルナー」、第四章「知のコンテキスト」となっている。

好評既刊書