“マスキュリニティー”(男性的なるもの)をキー概念にして、近代科学のあり方の転機に迫る!

品切れ

ネット書店で注文

タイトル
性からみた核の終焉
著者・編者・訳者
B.イーズリー著
 
里深文彦監修、相良邦夫・戸田 清訳
発行年月日
1988年 9月
定価
3,456円
ISBN
ISBN4-7948-0016-9 
判型
四六判
頁数
400ページ

内 容

人類大虐殺に直面する事態まで、近代科学を駆り立てた決定的要素とは何か?“マスキュリニティー”(男性的なるもの)をキー概念にして、近代科学のあり方の転機に迫る!

好評既刊書