子どもを通わせていた幼稚園の教育方針の変化を機に、なんと自分たちで「ようちえん」を開設してしまったママたちの痛快奮闘記!

978-4-7948-1057-1

ネット書店で注文

子どもを通わせていた幼稚園の教育方針の変化を機に、なんと自分たちで「ようちえん」を開設してしまったママたちの痛快奮闘記!

関連ワード
タイトル
「ようちえん」はじめました!
サブタイトル
お母さんたちがつくった「花の森こども園」の物語
著者・編者・訳者
葭田あきこ著
発行年月日
2017年 1月 6日
定価
2,376円
ISBN
ISBN978-4-7948-1057-1 C0037
判型
四六判並製
頁数
290ページ

著者・編者・訳者紹介

著者-葭田あきこ(よしだ・あきこ)-
埼玉県秩父市在住。
日本女子大学家政学部児童学科卒。
中学校職員を経て、「花の森こども園」の創設に参加。
「NPO法人花の森こども園」代表理事。
幼児教育から若者支援まで、人間が長期にわたり継続的に育ちあう場を展開中。

内容

 「たいへん、幼稚園がなくなっちゃうよ!」子どもたちが通っていた幼稚園の経営方針が変わり、教育方針も大きく変わることになった。お母さんたちは悩んだ。「園の場所も名前も変わらないのだから、ひきつづき通わせればいいか……」「ダメ、これまでの教育方針じゃなきゃ、違う幼稚園になったのと同じだよ。絶対にイヤ!」
 こんなお母さんがたが、ついに自分たちで「ようちえん」をつくることにした。そこからはじまるドタバタ劇の結末は?
 なにか高尚な教育理念があったわけではない。思考や感覚を止めてしまえば「普通に」生きられる現代、なにもすすんでこんな無茶をする必要はなかったのかもしれない。ただ、現代社会に漂う閉塞感や、常に比較され優劣をつけられ、たがいにビクビクしてこわばった人間関係には常々違和感があったし、知らず知らずのうちにこのような社会環境を子どもたちに強要してしまっていることには疑問を感じていた。
 母親の本性で、こと子どもに関しては、このような社会環境に対峙する力強い意思を維持しているのかもしれない。あとから振り返れば、母親たちは幼稚園の危機をきっかけに、教育の主権者として幼児教育に対して強い危惧を覚えたのかもしれない。「我が子」という執着から解き放たれて、すべての子どもたちがより良く生きる環境を追求したくなった。大好きだった幼稚園を手掛かりに試行錯誤を繰り返したら、普通のママたちでも「地に足をつけて」ようちえんの運営ができることに気が付いたのだ!
 本書は、その存在そのものがそれだけで世界を幸せにしてくれる子どもたちと、ごく普通だけれど計り知れない可能性を秘めた凸凹メンバーの大人たちが過ごした10年間を描いた物語である。日本のどこかで、私たちと同じように思い立った人々の背中を、本書が押すことができればうれしい。
(よしだ・あきこ)

好評既刊書

, , , , ,