テロリストたちの膨大なデータを独自の視点で読み解き、20世紀末以降欧州の若者を「死と暴力」に駆り立ててきたものの正体を剔出

テロリストたちの膨大なデータを独自の視点で読み解き、20世紀末以降欧州の若者を「死と暴力」に駆り立ててきたものの正体を剔出

関連ワード
ジハードと死
タイトル
著者・編者・訳者
オリヴィエ・ロワ著 辻由美訳
発行年月日
2019年 5月 (予定)
定価
2,160円 (予価)
ISBN
ISBN978-4-7948-1124-0 
判型
四六判並製
頁数
192ページ

著者・編者・訳者紹介

著者-Olivier ROY(オリヴィエ・ロワ)
1949年生まれ。政治学者。パリ政治学院、フランス国立東洋言語文化研究所卒。フランス国立科学研究センター主任研究員、フィレンツェ欧州大学院主任研究員。本書や『世界化したイスラーム』(L'Islam mondialisé)などの著作は大きな反響を呼び、英語をはじめ多数の言語に翻訳されている。

好評既刊書

,