産業発展の進むアジア諸国と進出日本企業の現状を踏まえつつ、経済グローバル化を地理的・空間的に読み解く画期的入門書。

978-4-7948-1109-7

ネット書店で注文

産業発展の進むアジア諸国と進出日本企業の現状を踏まえつつ、経済グローバル化を地理的・空間的に読み解く画期的入門書。

関連ワード
タイトル
国際産業立地論への招待
サブタイトル
アジアにおける経済のグローバル化
著者・編者・訳者
鈴木洋太郎著
発行年月日
2018年 12月 6日
定価
2,592円
ISBN
ISBN978-4-7948-1109-7 C0033
判型
四六判上製
頁数
224ページ

著者・編者・訳者紹介

著者-鈴木洋太郎(すずき・ようたろう)
1960年生まれ。
大阪市立大学大学院経営学研究科・商学部教授。九州大学大学院修了、博士(経済学)。
専門分野は産業立地論(国際産業立地研究)。
『多国籍企業の立地と世界経済』(原書房)など著書多数。

内容

 経済学・経営学・地理学の領域にまたがる産業立地論は、立地場所の特性など地理的・空間的な側面に注目しながら、企業や経済社会に関する諸問題を考察するユニークな学問である。筆者はこの産業立地論を専門としており、その立場からアジアにおける経済のグローバル化について研究を行っている。経済のグローバル化とは、生産や消費などの経済活動が国境を越えて広がっていくことを指す。かつては、アジアにおける経済のグローバル化は日本や日本企業がリードしていた。事実、日本企業がアジア諸国(日本もアジア諸国だが、便宜上、日本を除いている)へと進出することで、アジア諸国の産業発展も促進されてきたという歴史的な背景がある。近年では、アジア諸国における産業発展はさらに目覚ましく、現地企業も日本企業の手強いライバルとして台頭してきた。また、日本企業のアジア進出も、様々な産業分野においてこれまで以上に拡大している。その結果、日本とアジア諸国における産業立地の状況は劇的な変化を遂げている。本書では、国際経済・国際経営の場面で活用される「国際産業立地論」について解説するとともに、アジアにおける経済のグローバル化を地理的・空間的な側面から論じている。専門書に分類される内容ではあるが、タイトルに「招待」と銘打っているように、専門知識がなくても十分に理解できるように工夫を凝らした。国際経済・国際経営(および経済グローバル化のなかでの地域経済・地域経営)に関心のある学生や社会人の方々にも読んでいただけるよう配慮したつもりである。本書を通じて、国際産業立地論という学問の面白さが伝わればと願っている。
(すずき・ようたろう)

好評既刊書

, , , ,