入手困難な実証的データを積み上げ、アフリカ農村女性の権利向上とその変容過程を解明した、ジェンダーと国際協力のための斬新な試み

978-4-7948-1050-2

ネット書店で注文

入手困難な実証的データを積み上げ、アフリカ農村女性の権利向上とその変容過程を解明した、ジェンダーと国際協力のための斬新な試み

関連ワード
タイトル
「近代化」は女性の地位をどう変えたか
サブタイトル
タンザニア農村のジェンダーと土地権をめぐる変遷
著者・編者・訳者
田中由美子著
発行年月日
2016年 10月 6日
定価
4,968円
ISBN
ISBN978-4-7948-1050-2 C3036
判型
A5判上製
頁数
328ページ

著者・編者・訳者紹介

著者-田中由美子(たなか・ゆみこ)
国連職員を経て、JICA(国際協力機構)国際協力専門員(ジェンダーと開発分野)として長年アジアやアフリカの現場において協力事業の発掘、実施、評価に関わってきた。
グローバルな視点のみならず、途上国の草の根の女性や市民団体と同じ土俵に立ち信頼関係を築いている。

内容

 タンザニアは中央アフリカ東部に位置する国である。北部にはアフリカ最高峰のキリマンジャロ山があり、そのふもとでは1970年代から、日本の支援で灌漑稲作の普及が進められてきた。貧困、干ばつ、生活向上のための支援である。その結果、タンザニア全土に灌漑稲作が広がり、トウモロコシの粉を煉った主食のウガリだけでなく、最近では調理の簡単なコメも地元の人々に広く受け入れられるようになっている。
 コメの生産に従事しているのは男性ばかりではない。手間暇のかかる苗床、田植え、除草、収穫などは女性の仕事とされている。しかし、女性の役割はなかなか正当に評価されていない。
 タンザニアでは多くの女性が農業に従事し、トウモロコシ、コメ、ヒエ、野菜などの栽培をしているが、ほとんどが零細で天水に依存した伝統的農業を営んでおり生活は厳しい。女性には資産と呼べるものはほとんどない。女性が所有する土地は全農地の約13%だが、女性は労働力や労働時間などに見合うだけの土地に関する権限を保障されていない。
 タンザニア政府は、財産権の私有化、土地制度の確立(地権・地籍の確定や登記)など、土地権の近代化を促進してきたが、女性の土地所有、相続に関する取組は全国的には進んでいない。だが、筆者が調査したキリマンジャロ州の灌漑稲作地区はこの点に関して目覚ましい成果を上げていた。
 本書は、慣習的土地所有権の弊害を乗り超えながら、農村の土地権の近代化を先取りしてきたキリマンジャロ州の灌漑稲作地区に焦点を当て、1970年代から現在に至るこの地区の土地権(耕作権、所有権、相続権など)の意味をジェンダーの視点に立って、個別面接調査手法などを駆使しながら明らかにした希少な研究書である。
 調査結果として、女性の土地権が経時的に増加していること、その要因として、女性が土地の所有や相続を「価値あること」として認識していること、それに基づく共同的な取組が地域社会の変容とともに社会的に認知されるようになったこと、などが判明した。
 入手しにくい土地権をめぐる実証的データに基づき、アフリカ農村女性の価値観や社会的地位に関する新たな側面を浮き彫りにしたのが本書である。内外を問わず、男女の社会的関係性の変革を重視する「ジェンダー視点の協力活動」がいっそう求められている今日、本書による「国際協力ジェンダー研究」の試みが、少しでもその発展に寄与しうるならば幸いである。
(たなか・ゆみこ)

好評既刊書

, , , ,