生死の語りが繰り返される日々の中、対立と分断を超えて信頼・助け合い・共感の地域社会を共に築くための防備録

ネット書店で注文

生死の語りが繰り返される日々の中、対立と分断を超えて信頼・助け合い・共感の地域社会を共に築くための防備録

関連ワード
寿ことほぐひと 原発、住民運動、死の語り
タイトル
サブタイトル
原発、住民運動、死の語り
著者・編者・訳者
ドクターファンタスティポ★嶋守さやか著
発行年月日
2020年 9月
定価
2,640円
ISBN
ISBN978-4-7948-1161-5 
判型
四六判並製
頁数
300ページ

著者・編者・訳者紹介

著者-嶋守さやか(しまもり・さやか)-
1971年川崎市生まれ。桜花学園大学保育学部教授、桜花学園大学大学院教授。
社会学博士。
著書に『しょうがいしゃの皆サマの、ステキすぎる毎日』(2006年)、『孤独死の看取り』(2015年)他がある。

好評既刊書

, ,