情報で結ばれた仮想現実空間の本質を解明!

ネット書店で注文

関連ワード
タイトル
情報エネルギー化社会
サブタイトル
地域空間の解体と速度が作り出す空間
著者・編者・訳者
ポール・ヴィリリオ著
 
土屋 進訳
発行年月日
2002年 3月 10日
定価
2,592円
ISBN
ISBN4-7948-0545-4 
判型
四六判
頁数
236ページ

著者・編者・訳者紹介

Paul Virilio
1932年生まれ。フランスの都市設計家、思想家。「速度」という概念について幅広い探求を進め、現代社会に鋭いメスを入れている。現在のメイン・テーマは本書で語られている「情報と速度」。

内 容

情報で結ばれた仮想現実空間の本質を解明!  都市への遠近法は、昔は純然たる静止空間の遠近法でとらえることができた。
 しかし交通手段が発達し、その速度が上がるにつれて、昔は田舎と呼ばれていたものが郊外になり、ついには新都心となっていく。
 速度が作り出す空間を現実空間として再構成しなければならなかったのだ。
 その速度が光の速度まで上がった時、空間と社会はどのように変わるのか?それが本書で縦横に語られているテーマだ。
 ネットワーク空間は、リアルな「地域空間」ではない。著者は「地域空間」が解体し、「速度」がもたらす「新しい空間」が無数に生まれている現実を直視してきた。そして、ネットワークのような「情報」が実体化している現実の根本を解明している。
 都心への遠近は、昔は純然たる静止空間の遠近法で捉えることができた。しかし、交通手段が発達し、その速度が上がるにつれて、昔は田舎と呼ばれていたものが郊外になり、ついには新都心となっていく。速度が作り出す空間を現実空間として再構築しなければならい。
 その速度が光の速度まで上がったとき、空間と社会はどのように変わるのか?それが本書で縦横に語られているテーマである。
 昔は動力とは自分を動かすエネルギーだった。しかし新しい動力、つまり光の速度で移動する情報は、自分は静止したまま「まわりの環境」を動かして、自分のところに到来させる。そして人は神になる。「あらゆるところに存在」するようになる。日本の「ここ」にいながら、情報によってニューヨークと結ばれ、ニューヨークの「そこ」にも立ち会うようになる。情報によって結ばれた数だけの新しい無数の共存空間を「現実」として生きるようになる。

好評既刊書