3・11福島第一核電事故の教訓を総合的に検証し、地球規模の「エネルギー転換」の現実的道筋を示した世界最高水準の比類なき研究

3・11福島第一核電事故の教訓を総合的に検証し、地球規模の「エネルギー転換」の現実的道筋を示した世界最高水準の比類なき研究

関連ワード
タイトル
福島後のエネルギー転換 ドイツは特殊な道か、それとも世界の模範か
サブタイトル
ドイツは特殊な道か、それとも世界の模範か
著者・編者・訳者
ペーター・へニッケ+パウル・J・J・ヴェルフェンス著/壽福眞美訳
発行年月日
2017年 6月 (予定)
定価
4,104円 (予価)
ISBN
ISBN978-4-7948-1068-7 
判型
A5判並製
頁数
384ページ

著者・編者・訳者紹介

著者-Peter HENNICKE-
ブッパータール気候・環境・エネルギー研究所前所長。「エネルギー転換──好機と挑戦」(船橋・壽福編『持続可能なエネルギー社会へ』法政大学出版局、2016)他。
Paul J.J.WELFENS
ブッパータール大学教授。同大学ヨーロッパ国際経済連関研究所所長。

好評既刊書

, ,