反骨の作家が特攻隊の闇を暴く!林えいだい最新刊(1月・映画『抗い』公開)

mainimage1

反骨の記録作家・林えいだい氏最新刊

978-4-7948-1052-6

実録証言 大刀洗さくら弾機事件
朝鮮人特攻隊員処刑の闇


がこの秋、刊行されます!

11月上旬予定。詳しくは近日公開の小誌『新評論10月号をご覧下さい)

太平洋戦争末期、日本軍の「最後の切り札」とされた特攻機をめぐって起きた

不可解な事件の真相に迫る証言集です。

再軍備、人権無視、排外主義…近年の不穏な動向を憂う林氏が、

癌に冒された体をおして 書き継いだ入魂作。ご期待下さい!

本書の成り立ちも描かれる話題の映画『抗い』は、

2017年1月シアター・イメージフォーラム(東京・渋谷)で待望の公開!

映画『抗い』公式サイト

動物と戦争
真の非暴力へ、《軍事―動物産業》複合体に立ち向かう
A.J・ノチェッラ二世/C・ソルター/J.K.C・ベントリー編
井上太一訳

軍事活動が人間以外の動物にもたらす知られざる暴虐の世界。
その歴史と現在に目を向け、平和思想の根底にあった人間中心主義を問いなおす。 »

2015年10月刊行
人道的帝国主義
民主国家アメリカの偽善と反戦平和運動の実像
ジャン・ブリクモン著(緒言:ノーム・チョムスキー)
菊地昌実訳

アメリカを中心に展開されてきた戦争正当化のイデオロギーと政治・経済システムの欺瞞を徹底的に暴き、対抗の道筋を提示 »

2011年11月刊行