脱原子力 明るい未来のエネルギー
ドイツ脱原発倫理委員会メンバー 
ミランダ・シュラーズさんと考える「日本の進むべき道筋」
折原利男編著/ゲスト ミランダ・シュラーズ

3・11から9年。日本の脱原子力、エネルギー転換を改めて考える。倫理と民主主義を基盤とする市民・専門家・政界・産業界との共同 »

2020年2月刊行
福島核電事故を経たエネルギー転換 ドイツは特殊な道か、それとも世界の模範か
ドイツは特殊な道か、それとも世界の模範か
ペーター・ヘニッケ+パウル・J・J・ヴェルフェンス著/壽福眞美訳

3・11福島第一核電事故の教訓を総合的に検証し、地球規模の「エネルギー転換」の現実的道筋を示した世界最高水準の比類なき研究 »

2018年4月刊行