野外教育の理論と実践をこの1冊で!
子どもたちに自然の中で遊び、学んでほしいと願うすべての大人におくる最良のガイド。

978-4-7948-1136-3

ネット書店で注文

野外教育の理論と実践をこの1冊で!
子どもたちに自然の中で遊び、学んでほしいと願うすべての大人におくる最良のガイド。

関連ワード
スウェーデンにおける野外保育のすべて 「森のムッレ教室」を取り入れた保育実践
タイトル
サブタイトル
「森のムッレ教室」を取り入れた保育実践
著者・編者・訳者
エーバ・エングゴード著/高見幸子・光橋翠訳
発行年月日
2019年 10月 25日
定価
2,640円
ISBN
ISBN978-4-7948-1136-3 C0037
判型
四六判並製
頁数
290ページ

著者・編者・訳者紹介

著者-Eva ÄNGGÅRD
ストックホルム大学准教授。大学の「子どもとユース学術研究所」勤務。
「I Ur och Skur(雨の日も晴れの日も)野外就学前学校」の子どもたちを対象に、二つの異なった研究プロジェクトに取り組んでいる。どちらの研究も、自然環境における遊びと活動にフォーカスしている。

内容

 森の国スウェーデンは環境先進国としても知られている。それゆえ、この国の子どもたちは、誰もが森で遊び、自然に親しんで育つと思われているのではないだろうか。しかしながら現代スウェーデンの大人たちは、自然の中で過ごすことが子どもの心身の発達によいと考えているにもかかわらず、子どもたちが自然とのコンタクトを失いつつあると思っている。その理由は以下の3つである。①都市化に伴い、近隣に緑地がなくなった。②大人が監視できない状態で子どもが遊ぶことは危険だと考えられている。③テレビやコンピュータなどの普及。
 このような傾向に歯止めをかけるのにはどうしたらよいのだろうか。著者のエングゴード氏は、現在を生きる子どもが自然とかかわるためには、大人のあり方が大きく影響してくると言う。1900年代には子どもに簡単に伝えられていたことが、2000年代では熱意のある大人でないと伝えることができなくなったというのだ。
 著者は、スウェーデンで60年前から人気を誇る自然環境教育プログラム「森のムッレ教室」の考えを基盤にして、30年前に開発された「雨の日も晴れの日も野外就学前学校」の保育実践を研究し、スウェーデン社会に対して解決策を提案している。日本においても、子どもの自然とのコンタクトがますます減少する状況にある。その一方でこの現状を変えようとする大人も増え、「森のムッレ教室」や「森のようちえん」の活動が盛んにもなってきている。「なぜ野外教育が必要なのか」という理論と、「では、どうすればよいのか」という実践の両方を紹介している本書は、日本でこれらの活動をさらに広めるうえで大きな助けとなるだろう。
 子どもたちを自然環境に誘いたいと思っている保育者だけでなく、保護者や行政の人たちをはじめとする多くの大人に読んでいただき、本書に書かれていることを実践・検証していただければと願う。
(たかみ・さちこ ナチュラル・ステップ・ジャパン代表)

好評既刊書

, , , , , ,