日本初の決定版スペイン・ワイン・ガイド

品切れ

ネット書店で注文

関連ワード
タイトル
スペイン・ワインの愉しみ
サブタイトル
至福の味わいへの誘い
著者・編者・訳者
鈴木孝壽著
発行年月日
2004年 1月 15日
定価
2,376円
ISBN
ISBN4-7948-0622-1 
判型
四六判
頁数
236ページ

著者・編者・訳者紹介

鈴木孝壽(すずき・こうじゅ)
1954年一橋大学法学部卒業。松下電器産業を退職後、かつて海外駐在員として生活経験のあるスペイン、ラテンアメリカの社会・文化を研究、著述活動中。著書に『ラテンアメリカ探訪10カ国』(新評論)、『カタルーニヤ美術館物語』(筑摩書房)など。

内 容

 本書は、リオハ、ナバラ、カスティーリャ・レオン、カスティーリャ・ラ・マンチャなど、ワイン生産の盛んな地方をくまなく巡り、54の産地、90のボデガ(ワイナリー)、140の銘柄を紹介する、日本初の決定版スペイン・ワイン・ガイドである。また、数々の逸品の色、味、香りの描写には、おもわずごくりと喉が鳴る。資料としてブドウ品種、ボデガ、ワイン名のリスト(日本語・スペイン語対照表)も付され、絶好の入門書となっている。
 日本ではワインといえばフランス、イタリア、最近ではチリやカリフォルニア。「スペイン・ワイン」は、日本では十全に紹介されているとはいいがたい。スペイン・ワインを紹介する書籍も、ごくわずかしかない。しかし実はスペインはワイン生産量世界第三位、ブドウ栽培面積ではなんと世界第一位の「ワイン大国」なのである。
 本書は、リオハ、ナバラ、カスティーリャ・レオン、カスティーリャ・ラ・マンチャなど、ワイン生産の盛んな地方をくまなく巡り、54の産地、90のボデガ(ワイナリー)、140の銘柄を紹介する、日本初の決定版スペイン・ワイン・ガイドである。
 スペイン・ワインには、スペインという土地そのものがまるごと生かされている。人々のワインづくりへの真摯な取り組み、自然との闘いなど、極上の一杯に秘められた物語が鮮やかに描かれる。また、数々の逸品の色、味、香りの描写には、おもわずごくりと喉が鳴る。資料としてブドウ品種、ボデガ、ワイン名のリスト(日本語・スペイン語対照表)も付され、絶好の入門書となっている。

好評既刊書