動物と戦争
真の非暴力へ、《軍事―動物産業》複合体に立ち向かう
A.J・ノチェッラ二世/C・ソルター/J.K.C・ベントリー編
井上太一訳

軍事活動が人間以外の動物にもたらす知られざる暴虐の世界。
その歴史と現在に目を向け、平和思想の根底にあった人間中心主義を問いなおす。 »

2015年10月刊行
終わりなき戦争に抗う
中東・イスラーム世界の平和を考える10章
中野憲志編著
[執筆者]平山恵(明治学院大学)/レシャード・カレッド(カレーズの会)/イヤース・サリーム(同志社大学大学院)/役重善洋(パレスチナの平和を考える会)/藤岡美恵子(法政大学)/リアム・マホニー(Field View Solutions)/長谷部貴俊(JVC)/臼杵陽(日本女子大学)/阿部浩己(神奈川大学)

「積極的平和主義」は中東・イスラーム世界の平和を実現しない。対テロ戦争、人道的介入を超える21世紀の〈運動ムーブメント〉を模索する。 »

2014年3月刊行
フェアな未来へ
誰もが予想しながら誰も自分に責任があるとは考えない問題に私たちはどう向き合っていくべきか
ヴォルフガング・ザックス/ティルマン・サンタリウス編
川村久美子訳・解題

経済活性化の理念が人権、公正の基本理念、環境保全に優先しない、新たな世界市場の秩序、政治的再編のモデル »

2013年12月刊行
福島と生きる
国際NGOと市民運動の新たな挑戦
藤岡美恵子・中野憲志編

福島の内と外で、葛藤も、軋轢も、矛盾も抱え込みながら「総被曝時代」の挑戦を受けて立とうとしている人々の渾身の記録 »

2012年9月刊行