「梅根の前に梅根なし、梅根の後にも梅根なし」と言われた教育界の巨人の決定版評伝! 豊富な写真、名文引用多数。

978-4-7948-1116-5

ネット書店で注文

「梅根の前に梅根なし、梅根の後にも梅根なし」と言われた教育界の巨人の決定版評伝! 豊富な写真、名文引用多数。

関連ワード
梅根悟 その生涯としごと
タイトル
サブタイトル
その生涯としごと
著者・編者・訳者
中野光著
発行年月日
2019年 2月 28日
定価
2,376円
ISBN
ISBN978-4-7948-1116-5 C0037
判型
四六判並製
頁数
236ページ

著者・編者・訳者紹介

中野光(なかの・あきら)
1929年愛知県生まれ。岡崎高等師範学校、東京文理科大学に学ぶ。1954年、桐朋学園を振り出しに、金沢大学、和光大学、立教大学、中央大学で教育と研究に携わる。著書に、『大正自由教育の研究』(毎日出版文化賞受賞)、『中野光・教育研究著作選集』(全3巻)など。

内容

梅根悟が代表作の一つ『世界教育史』(光文社)を発表したのは、一九五五年の秋だった。五〇〇頁を超える大著であり、定価は六五〇円だったと記憶している。貧乏学生であった筆者にとっては決断を必要としたが、思いきって買い求めた。なぜなら、旧制大学で教育史研究の指導を受けていた恩師の力作だったからだ。さて、本書では梅根の教育観を記していくわけだが、彼の生い立ちを知らずしてそれを語ることはできない。よって、「子ども時代」のことから「教育者になるまで」の過程を順を追って書いていくことにした。ただ、通常の評伝のスタイルからはやや逸脱している。梅根が書き上げた一三〇〇点を超える本や論文のなかには、エッセイ的な回想録などもたくさんある。本書では、それらを適宜引用する形で各時代を紹介していくことにしたのである。この形式をとるのには重要な意味がある。それは、梅根が書いた文章の特性によるものである。とくに、読者対象が広いと想定される場合には、文体をはじめとして大いなる配慮がうかがえるのだ。五〇年も前に書かれたものとは思えない文章は、本が読まれなくなったと言われている現在の状況からしても非常に参考になる。「伝えたい」「理解してもらいたい」という梅根の配慮を意識しながら本書を読み進めていただき、「教育界の巨人」と言われたその生涯を辿っていただきたい。最後に、旧制東京文理科大学(現・筑波大学)に提出した梅根の卒業論文に関するエピソードを紹介しておこう。彼の卒論を審査した篠原助市教授は、「梅根の前に梅根なし、梅根の後にも梅根なし」と評したという。学生の方々にとって、この言葉が目標となるのであれば筆者としてもうれしい。そして、ここに至るまでの梅根の努力、この言葉を篠原教授から引き出したその凄さを、本書から感じ取っていただければと願う。
(なかの・あきら)

梅根悟(一九〇三〜八〇) 教育学者。西洋教育史を研究しつつ、戦後の新教育運動を理論的に先導。一九六六年和光大学を創設、初代学長に就任。

好評既刊書

, ,