魯迅、三島由紀夫、美輪明宏、黒柳徹子、瀬戸内寂聴も愛した大正〜昭和少女文化のスターにして乙女心の永遠の理解者の生涯

魯迅、三島由紀夫、美輪明宏、黒柳徹子、瀬戸内寂聴も愛した大正〜昭和少女文化のスターにして乙女心の永遠の理解者の生涯

関連ワード
タイトル
乙女たちが愛した抒情画家 蕗谷虹児
著者・編者・訳者
鈴木義昭著
発行年月日
2018年 9月 (予定)
定価
2,376円 (予価)
ISBN
ISBN978-4-7948-1104-2 
判型
四六判上製
頁数
カラー口絵8頁+予272ページ

著者・編者・訳者紹介

著者 鈴木義昭(すずき・よしあき)
1957年東京都生まれ。
ルポライター・映画史研究家。
18歳より竹中労に師事する。
『夢を吐く絵師 竹中英太郎』(弦書房)、『風のアナキスト 竹中労』『若松孝二 性と暴力の革命』(現代書館)、『仁義なき戦いの“真実” 美能幸三遺した言葉』(サイゾー)など著者多数。

好評既刊書