経済思想史から現代を見る経済学という用語の変遷、市場理論、道徳と経済との関連づけ、民間市場への国家介入の問題等、問題領域ごとに思想の歴史的な変遷も描く。

ネット書店で注文

関連ワード
タイトル
経済学の知のあり方を問う
著者・編者・訳者
上野 格・和田重司・音無通宏編
発行年月日
1997年 3月
定価
3,024円
ISBN
ISBN4-7948-0347-8 
判型
A5判
頁数
282ページ

内 容

【経済思想史から現代を見る】経済学という用語の変遷、市場理論、道徳と経済との関連づけ、民間市場への国家介入の問題等、問題領域ごとに思想の歴史的な変遷も描く。

好評既刊書