「ヒトの起源」の物語を壮大に描く名著

ネット書店で注文

関連ワード
タイトル
ネアンデルタール人の首飾り
著者・編者・訳者
フアン・ルイス・アルスアガ著
 
藤野邦夫訳、岩城正夫監修
発行年月日
2008年 11月 21日
定価
3,024円
ISBN
ISBN978-4-7948-0774-8 
判型
四六判上製
頁数
352ページ

著者・編者・訳者紹介

著者-フアン・ルイス・アルスアガ(Juan Luis ARSUAGA)
1954年生まれ。世界屈指の古人類学者。ネアンデルタール人研究の一翼を担うマドリッド大学で古人類学教授を務める他、ロンドン大学客員教授。アタプエルカ考古遺跡(世界遺産)発掘副責任者。02年より米科学アカデミー会員。本書は本邦初訳。

内 容

 わが国にも知られるスペインの代表的な古人類学者フアン・ルイス・アルスアガは、本書でアフリカに誕生した最古の人類が、ユーラシアを舞台にして現代人(クロマニョン人)にたどりつくまでの包括的な見取り図を作成した。本書の最大の特色は、イベリア半島から中東と中央アジアにかけて、100万年以上にわたって分布したネアンデルタール人とかれらの祖先の生態を、地理(風景)と気候(連続した氷期と間氷期)と動植物(生態系)に深く関連づけて考察したことにある。著者はさらに解剖学や関連科学の成果を動員して、ネアンデルタール人の精神現象にまで立ちいって論じている。読者は本書によって、ネアンデルタール人が現代人と無関係に進化したとしても、現代人とおなじように明確な意識をもって、意識的に行動したヒト属だったことを理解するだろう。本書で紹介されるさまざまな議論は、かれらが現代人より知的・技術的に劣ったヒト属でなかったが、微妙な一点で違っていたことを示唆して刺激的である。

好評既刊書

, , , , ,