第9巻 北に生まれて
宇佐美承解説

故郷“北”の国の自然、そこに住む人びとの生活と言葉に寄せる“なつかしみ”を語る自伝的要素の濃い文章を収録し、国分一太郎の“しなやかさ”の原点を探る。 »

1983年9月刊行
第6巻 生活綴方とともに2
田宮輝夫解説

自然と子どもをこよなく愛し続け、戦前から一貫して生活綴方運動を実践的・理論的に指導してきた国分一太郎の戦後の発言を精選。生活綴方を通して子どもを語る。 »

1983年7月刊行
第3巻 子どもをとらえる
野呂重雄解説

大地に根を張った戦前の子ども達のすこやかな姿を描く、若き日の教員時代の未発表ノートを含む珠玉の作品集。子どもの未来像と教師の仕事の原点を語る。 »

1983年5月刊行
PTA歳時記
永畑道子著

わたしの教育論PTAの原点に立った行動と参加を、全国の父母と教師に体験を通して熱く呼びかける。読売新聞教育欄好評長期連載。朝日・毎日・読売各紙誌絶賛。 »

1982年1月刊行