アンデルセンの塩
物語に隠されたユーモアとは
ヨハネス・ミュレヘーヴェ著
大塚絢子訳、今村 渚編集協力

生誕から200年、いまだ世界中で愛され続ける作家の魅力を「塩=ユーモア」の視点で読み解く「塩=ユーモア」の視点で読み解く »

2005年2月刊行
雲嶺之華
雲嶺之華刊行会編

中国雲南省の25少数民族素描3人に1人が少数民族。中国西南端に位置する雲南省の少数民族の顔、衣装、服飾、宗教と祭り、食住生活などを30余点のカラー写真と解説で描く。 »

1997年9月刊行
崩壊か再生か
鈴木敏督・塩田長英著

ロシアとカザフスタン旧ソ連はどう変わり、どこへ行こうとしているのか。学者と実業家の異色コンビが、激変するロシアとカザフスタンを自らの体験を通じて活写する! »

1994年9月刊行
フランス改造計画
A.マンク著
山本一郎訳

知識人による行政改革実践論長期政権の無為無策による停滞、世界の流れに取り残される危機感は日仏共通。教育、税制、社会保障、国防など、81項目の具体的改革案を提示。 »

1993年11月刊行
民族の復讐
A.マンク著
山本一郎訳

新しい世界観の構想世界各地で激化する民族問題は、いわば自由貿易が生み出した「国際主義」神話の崩壊を意味する。「不確定性」時代の現在を的確に読み解く野心作! »

1993年3月刊行
失われたチャンス
L.アバルキン著
岡田 進訳

ソ連副首相としての一年半89〜90年に至るソ連の決定的な時期に、経済担当副首相を勤め、市場経済への軟着陸の現実的処方箋を立案した著者の貴重な歴史的証言! »

1992年11月刊行