Archive for the '芸術' Category

7月 17 2013

アルゼンチン・ロックの伝説的存在が歌う「Fuji」!

先ごろ、世界文化遺産への登録が決定した富士山。

そのニュースは大きな話題を呼びましたが、

なんと、遠くアルゼンチンのアーティストが、10年以上前に、

富士山に想を得た曲を発表していたことをご存じでしょうか?

今日は、翻訳家の八重樫克彦・八重樫由貴子ご夫妻が

お寄せくださった情報をもとに、

日本の霊山とアルゼンチンのミュージシャンを結ぶ

不思議な縁のお話をお届けします。

そのミュージシャンとは、

ルイス・アルベルト・スピネッタ(1950-2012)。

アルゼンチン・ロックを代表するミュージシャンの1人です。

惜しくも昨年、病で亡くなりましたが、いまだに根強い人気を誇っています。

「鬼才」と表現する人もいれば、

「日本で言えば桑田佳祐か矢沢永吉」と言う人も…

(編集Aの印象は「南米のルー・リード」か「アルゼンチンの鮎川誠」です♡ カッコイイ…)

小社刊『カンタ・エン・エスパニョール!』で

その貴重なインタビューを読むことができます。ぜひご一読を!


さてその曲とは、その名もズバリ、「Fuji」。

スピネッタがソロ活動を始めて2枚目のアルバム、

『Estrelicia MTV Unplugged』(1997年)に収録されています。

この曲、ファンのあいだで特に評判が高く、今年4月、

アルゼンチン第2の都市コルドバに登場した彼を称える壁画にも、

歌詞の1フレーズが添えられています。



名演と称されるMTVアンプラグドの演奏は、You Tubeで視聴できます。

歌詞は非常に抽象的な内容ですが、

スピネッタ自身がコンセプトを説明したことはありません。

鋭い感性を備えたアーティストだっただけに、

「日本の霊山・富士」になぞらえて

「妻となった女性」と「神秘性」を称えたもの、

あるいは「哲学的な世界観」を語ったものなど、

曲想をめぐって諸説が語られています。

アルゼンチン・ロックの伝説的存在が歌う、

どこかミステリアスな「Fuji」。

こんな素敵な曲がすでにあるのですから、このさい、

世界文化遺産登録記念ソングにさせてもらったらどうでしょうか!?

世界に富士山の神秘的な魅力をアピールするうえで

最強の味方になってくれる気がします。

10月 11 2012

ジスモンチ、スピネッタ、パエス…ラテン音楽のスターが勢揃い!

表紙もにぎやかです!

すぐれたミュージシャンを多数輩出している音楽大陸・ラテンアメリカ。

最近はラテン音楽を含むワールド・ミュージックの音源を入手することも

さほど難しくなくなりましたが、CDなどの売れ行きに比して、

文字情報はいまだにきわめて少ないのが現実。

来日でもしないかぎり、音楽雑誌でとりあげられることもなかなかありません。

「世界中の音楽家の尊敬を集める中南米出身のミュージシャンたちが

何を感じ、考え、どのように創作しているのか知りたい。でも情報源がない…」

そんなラテン音楽ファンのみなさまに朗報です!

ブラジルの鬼才エグベルト・ジスモンチやブラジリアンロックの女王ヒタ・リー、

ロック・エン・エスパニョールの三大スター、

チャーリー・ガルシア、ルイス・アルベルト・スピネッタ、フィト・パエスなど、

錚々たる顔ぶれがインタビューに応じた貴重な音楽ドキュメンタリー、

カンタ・エン・エスパニョール! 現代イベロアメリカ音楽の綺羅星たち

がいよいよ刊行!(10月20日前後予定)

インタビューイーの豪華さもさることながら、

訳業の妙にもご注目ください。

訳者は、近年バルガス・リョサやマルコス・アギニスの話題作の翻訳を

次々と世に出して注目を浴びている八重樫克彦・八重樫由貴子ご夫妻。

小社からも昨年『パウロ・コエーリョ 巡礼者の告白』を出していただいております。

クラシックの巨匠やロック界の大御所からおしゃれなポップミュージシャン、

クールなジャズマン、やさぐれブルース・ギタリストにやんちゃなラスタマンまで、

口調・語調をこまやかに訳し分け、

音楽家の心の襞を表現するみごとな訳文もご堪能ください。

4月 11 2012

速報:メキシコ3月末「サンタ・ムエルテ事件」の検証(『骸骨の聖母サンタ・ムエルテ』続報)

信者300万人以上、メキシコでこよなく愛されている
「ちょい怖・キモかわ聖母」の魅力を徹底解剖!
骸骨の聖母サンタ・ムエルテ』絶賛発売中です!
…と、キュートな本が出来上がって浮かれていたところへ、
非常にショッキングなニュースが届きました。
メキシコで、このサンタ・ムエルテの信者グループが
殺人事件を起こしたというのです。

このままでは、事件の真相とはかかわりなく、
「サンタ・ムエルテ=カルト」の烙印を押されてしまう…
サンタ・ムエルテを篤く信仰する信者たちの実像と、
今回の事件に関する警察発表・マスコミ報道は、どこかちぐはぐだ…
直感的にそんな印象をもちました。
そこで、『骸骨の聖母サンタ・ムエルテ』の著者、加藤薫先生にご相談したところ、
ただちに現地報道などを詳しく調査し、事件の検証記事を執筆して下さいました。
著者も述べられているように、
あくまでも「現時点での」検証ではありますが、
事件の速報として、また『骸骨の聖母』の続報として、
読者のみなさまにお届けする次第です。

加藤薫氏による検証記事はこちら↓↓↓

加藤薫氏著・2012年3月「生贄事件」の検証(20120406)

5月 20 2010

『ロシア 春のソナタ、秋のワルツ』著者安達紀子氏出演のイベント!(6/9・10)

人間讃歌の記録文学〈ロシア三部作〉感動の完結編、
ロシア 春のソナタ、秋のワルツ』を刊行された安達紀子さんが、
両国シアターX(カイ)で開催される「国際舞台芸術祭」に登場されます!
ぜひご参加下さい!!
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

チェーホフ生誕150年記念
第9回シアターX(カイ)国際舞台芸術祭2010(2010年6月1日~7月4日、東京・両国シアターX)参加のため、本書6章に登場する希代の名優アレクサンドル・カリャーギン氏がロシアより遙ばる来日。
◆6月9日(水)19:00~/6月10日(木)14:00~

エトセトラ劇場『人物たち』 好評により日本再演(初来日は2001年)
チェーホフのユーモア小説5編を集めた二人芝居『人物たち』
この芝居を脚色・演出したカリャーギン氏本人が主演する、笑いのはじける舞台で、著者の安達紀子氏がカリャーギン氏の最初の挨拶を通訳し、短編ひとつひとつのあらすじを解説する。

◆6月10日(木)18:00~(入場無料)

IDTF(国際舞台芸術祭)アートコンファレンス
「『倫理』エチカについて」をテーマとしたトークセッションにカリャーギン氏と安達氏も参加。ロシア最高の名優の肉声を聞く絶好のチャンス!
★詳しくは、「シアターX(カイ)」ホームページをご覧下さい。なお、IDTFアートコンファレスは6月6日(日)15:30もあります。

1月 28 2010

『ヴァグナーの女王-キルステン・フラグスタート自伝』

[図書目録へ] 続きはこちら »

1月 07 2010

『[増補版]オペラと音響デザイナー』

[図書目録へ] 続きはこちら »

10月 29 2009

『音で観る歌舞伎―舞台裏からのぞいた伝統芸能』

[図書目録へ] 続きはこちら »

6月 01 2009

『創造を支える劇場技術者-舞台裏から感動を伝える』

[図書目録へ] 続きはこちら »

10月 19 2008

『新装版 ガブリエル・フォーレ』

[図書目録へ] 続きはこちら »

7月 11 2008

『歌の国スウェーデン-クラシック音楽ガイド』

[図書目録へ] 続きはこちら »

Thumbnails powered by Thumbshots

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin