Archive for the '外国文学・評論・伝記' Category

11月 14 2014

『フラナリー・オコナーとの和やかな日々 ─ オーラル・ヒストリー』

9月 06 2014

『メッセンジャー 緑の森の使者』

8月 18 2014

映画THE GIVERがついに全米公開! 原作者も絶賛「壮大で美しい作品」

ご好評いただいております『ギヴァー 記憶を注ぐ者』、

全世界のファン待望の映画が、ついに8/15、全米公開となりました!!!

最新情報が続々アップされるTwitterのアカウントも、

フォロワーがどんどん増えていっています。

THE GIVER MOVIE Twitter

今日は、完成した映画を観た原作者ローリー氏のコメントを

ご紹介いたします。
続きはこちら »

4月 10 2014

『ギヴァー』映画化最新情報:『The Giver』トレーラー公開!

ニューベリー賞を2度も受賞した世界的な児童文学作家、
ロイス・ローリーの代表作『ギヴァー 記憶を注ぐ者』。
世界中を感動で包んだ不朽の名作として読み継がれています。
おかげさまで邦訳版もロングセラーとして定着いたしました。

↓↓↓映画『The Giver』原作本↓↓↓
ロイス・ローリー著/島津やよい訳『ギヴァー 記憶を注ぐ者』本体1500円

全世界のファンが待ちに待った映画化が昨秋決定し、
撮影は順調に進んでいるようです。
2014年8月の全米公開を前に、
ついに最初のトレーラーが公開されました!!!  ヽ(^O^)/ヤッター
続きはこちら »

12月 12 2013

『アエネーイス』

3月 17 2013

『ギャザリング・ブルー 青を蒐める者』

1月 24 2013

パウロ・コエーリョ最新インタビュー!

ご高評をいただいております、ブラジルが生んだ世界的作家のインタビュー本、
パウロ・コエーリョ 巡礼者の告白』。

訳者の八重樫克彦・由貴子ご夫妻が教えてくださったところによると、
つい先ごろ、本書の著者フアン・アリアス氏が、
最新のコエーリョ・インタビューを発表したそうです。
 (「エル・パイス」紙、フアン・アリアスのブログ「ブラジルの風」1/21付)

(ちなみに八重樫ご夫妻は、アリアス氏とも、
その奥様ホゼアーナさんとも親交が深く、
このニュースはホゼアーナさんからご夫妻にもたらされたそうです!)

インタビューのなかでコエーリョ氏は、
現在の世界が抱えるさまざまな危機について語りながら、
『巡礼者の告白』をたびたび引き合いに出していた由。
八重樫ご夫妻からの情報をもとに、
コエーリョ氏の談話の主旨をいくつかご紹介します。

●自分は、精神病院や麻薬、軍事政権下で受けた拷問といった
暗い過去の経験から、“希望”を持つことの大切さを学んだ。
しかし、大事なのは希望を持つだけでなく、
現状を打開する努力を惜しまず、変革に参加することだ。
● 自分の作品が世界中の人々の心をつかんだのは、
自身の“内なる子”に向けて書いたことが、
他の人々に宿る“内なる子”にも響いたからだった。
大人は深刻なテーマについて議論することができるが、
世の中を希望を持ってながめ、発見しつづけ、
つねに斬新な解決策を見出すのは子どもたちだ。

…さすがいいこと言うなあ。これを含蓄というのですね。

『巡礼者の告白』は、コエーリョ氏が原稿にまったく手を加えず、
インタビュアーのアリアス氏にいっさいを委ねたものです。
作家のアリアス氏に寄せるなみなみならぬ信頼がうかがえます。
そして、 「世界」について言葉をもとめられたとき、
作家はいまでもこの『巡礼者の告白』を参照する――
本書が彼にとって、とても重要な意味をもっていることがわかります。

ところでアリアス氏のブログ、スペイン語がまったくわからなくても、
図や写真を見るだけでも雰囲気がわかって楽しいです!
「世界のベストセラー トップ10」、おもしろい!
1位が聖書、2位が『毛沢東語録』。ううむ、なるほど。
そしてコエーリョの傑作『アルケミスト』が5位に!
下のほうには、元ブラジル大統領ルラが
コエーリョの最新作『Aleph』(2011)を読む姿も…

3月 17 2011

『スタンダールとは誰か 』

[図書目録へ] 続きはこちら »

2月 21 2011

『パウロ・コエーリョ 巡礼者の告白』

2月 09 2011

コエーリョ・ファンのみなさまへ!

『アルケミスト』の大ヒットで知られる ブラジル出身の世界的作家、

パウロ・コエーリョがすべてを語った「幻の書」、ついに邦訳!!

パウロ・コエーリョ 巡礼者の告白

↓↓↓ すてきなジャケットが出来ました!!

 

タイトル「巡礼者」に似つかわしく、まるで祈っているかのようなコエーリョの横顔。

タイトル「巡礼者」に似つかわしく、まるで祈っているかのようなコエーリョの横顔写真を使用。

 

ヒッピー時代、軍政下での拘禁、麻薬、黒魔術、

音楽業界での成功、作家への転身、

創作秘話、私生活、女性へのまなざし…などなど、

作家が半生のすべてを包み隠さず語ったのは、まさしく

彼が厚い信頼を寄せる記者フアン・アリアスのインタビュー手腕のなせるわざ。

ファンのみならず、人間の精神活動に関心のあるすべての人を魅了する、

奥深~い対話です! 2月下旬刊行予定! どうぞお楽しみに!!

Next »

Thumbnails powered by Thumbshots

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin