8月 18 2014

映画THE GIVERがついに全米公開! 原作者も絶賛「壮大で美しい作品」

ご好評いただいております『ギヴァー 記憶を注ぐ者』、

全世界のファン待望の映画が、ついに8/15、全米公開となりました!!!

最新情報が続々アップされるTwitterのアカウントも、

フォロワーがどんどん増えていっています。

THE GIVER MOVIE Twitter

今日は、完成した映画を観た原作者ローリー氏のコメントを

ご紹介いたします。

原作者インタビュー映像

***ローリー氏コメントの訳***

原作をこれほどまでに深くリスぺクトしてもらい、

このうえなく嬉しく思っています。

映画の製作者たちは、わたしの作品世界に

壮大な広がりを与え、最高のかたちで映像化してくれました。

***

物語のクライマックスで、主人公の少年ジョナスが、

赤ちゃん(ゲイブリエル)を連れてコミュニティを脱出し、

旅に出る場面があります。

わたしは、あの場面を書いたとき、ある縛りを感じていました。

というのも、そのときわたしが作家として

「話させる」ことができたキャラクターは、

たったひとりだったからです。

もうひとりは赤ちゃんで、まだ口がきけませんから、

場面に会話を入れることができず、単調になりがちだったのです。

ところがそれが映画になると、観客は少年と赤ちゃんの背景に、

この世のものとも思われないほど美しい風景を

堪能することができます。

自然の風景は、この映画のもうひとつの

キャラクターとさえ言えるでしょう。

***

それから、もうひとつ、わたしの創作した

〈主席長老〉というキャラクター、

これも映画ならではの奥行きをもつことになりました。

脚本家、そしてこの役を演じるメリル・ストリープは、

人物像をふくらませ、〈主席長老〉を

じつに複雑なキャラクターに昇華してくれました。

***

当然ながら、わたしは物語のあらすじと結末を知っています。

脚本も事前に読んでいました。

だから、なにもサプライズはありませんでした――

ただひとつ、すべてがサプライズだったことを除いては。

完成した映画を観て、わたしはどれほど圧倒されたでしょう。

いく度、背筋がゾクゾクしたことでしょう。

ついに、壮大で美しい映画『THE GIVER』が完成しました。

Thumbnails powered by Thumbshots

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin